インフルエンザ予防にエタノール消毒!?

2019/11/24 理学美容

今年はインフルエンザがとても早く流行りだしました。毎年毎年、ウィルスは劇的に変化しAなのかBなのかタイプを特定したい人間をあざ笑うかのごとく微妙な違いを出してくることに医師も首をかしげていました。ウィルスは生きているのだと実感しますね。

先日、テレビでもインフルエンザの防御法の一番は「エタノールでの手消毒」と言っていた先生がいました。確かにウィルス退治だけに着眼したら正解なのでしょうけども…

インフルエンザが大流行してから一緒に急増したのは「手荒れ」であることも事実です。以前に幼稚園児と手をつないだ時にびっくりするくらい荒れていたのです。幼稚園でもさせて遊びのように楽しく「プッシュ!プシュー!」とエタノール消毒を習慣させていたのでした。解るのですけどね…(苦笑)

たかが手荒れ?と軽視は出来ないのです。手荒れから深刻なアトピー性皮膚炎に発展してしまうことがとても多いのです。

手荒れの種類
手荒れは乾燥から直ぐに細菌感染症になります。細菌の種類によって症状が違います。

・白癬菌の場合(手足白癬、爪白癬) 角化・痒み・爪の変形(黒化)
・カンジタ菌の場合(通称主婦湿疹、カンジタ性指間びらん症) 水疱・痒み
・化膿菌の場合(掌蹠膿疱症)炎症・化膿・痒み


悪化物質
合成界面活性剤・合成乳化剤・尿素入クリーム・石けん・無添加製品・抗炎症剤・消毒用アルコール・逆性石けん

インフルエンザ対策も大事ですがこちらの手荒れも大事に案件かと思われます!