ウィッグをかぶる決心

2019/11/04 医療用ウィッグ

当サロンは女性の美容トラブルをあらゆる方法で解決する美容の駆け込み寺です!

私は脱毛ケアリストをしています。病気治療や突発性のかぶれや慢性脱毛症などで日常の美容に困難がある方の美容に寄り添いお手伝いをします。

男性が脱毛と遭遇しても坊主にしてしまえ~(もちろん嫌だという人はいますけど)世間の目としてはアリです。しかし、女性には坊主の選択はありません。帽子やターバンなど小物でお洒落をする人はいらっしゃいますが、ほとんどの方はウィッグを考えます。

◎ではウィッグはどこで買うの?
◎値段はどのくらいが相場?
◎ピンきりの違いは何?
◎人毛と人工毛どっちがいいの?
◎全頭ウィッグ?部分ウィッグ?

買っても似合わなかったらどうしよう?

そんな心配が次々と湧いて来ますよね?初めてで慌ててしまうと失敗してしまいます。正しい情報で適切なクォリティのウィッグを選びたいものです。

どこで買うのか?
ネット通販販売
ネットの良さはもちろん家に居ながら買えます。しかし、対面でないので試着や似合わせ方が分からないのが不安ですね。
デパートなどの大手店舗
デパートに店舗を持っているのは大手メーカーです。10万から30万くらいが相場のようです。試着や似合わせは専門美容師がしてくれます。ただデパートに出かけなくてはなりません。中には人目が気になり行きづらいと言う人もいます。
ウィッグ専門店
病院などに置かれているパンフレットの業者に多く見つけられるかも知れません。店舗が近くにあれば試着や似合わせカットをしてもらえる店舗もあるようです。問い合わせるしかないですね。
美容院(取り扱い店限定)
取扱いのある美容院は限られ扱う製品も様々です。既製品の2~3万から大手の美容院専売フルオーダー製品50万~60万まで取り扱いが違います。他と断然に違うのは自毛のカットや相談ができるのは楽ですね。ただ自分に合った美容院を探すのが大変かも知れませんね?

ピンきりの違いと相場
安いはダメで高いが良いとは一概には言えません。どこにお金をかけるのか、ウィッグに求めるクォリティも人それぞれです。大きく違うのは機械作業だけと手作業部分があるかでウィッグの仕上がり感は違います。つむじの自然さは手植えは断然キレイです。軽さや毛の質は値段と比例することが多いです。
1~2万円のウィッグを1ヶ月単位で使用しメンテも修復もしないという選択をする方もいます。また、抗がん剤などでの使用は2年程使用するので20万クラスをメンテしながら使用する方もいます。
安価であればメンテナンスやフォローが付かないのは当たり前ですが、10万前後~を選ぶのであれば対面でメンテやフォロー体制がしっかりある方を選ぶ方が得です。

人毛か人工毛か?
皆さん人毛の方が高級品と感じるようですが、絶対に人工毛です!人毛は手入れが大変ですし劣化したら使えません。人工毛は軽いし形状記憶でブロー要らず、劣化での縮れなどは修復可能です。

全頭ウィッグや部分ウィッグどう選べばいいの?
これは自毛ごと扱える美容院で相談するのがお勧めです。全頭ウィッグから後に部分ウィッグに変えていく方も多くいますが自毛とのなじませをしないとかぶり辛いです。美容院以外は自毛のカットはできないので両方兼ね持つ美容院が楽です。


★当サロンでは全ての疑問に応えお客様にとって一番よい選択ができるようにウィッグ制作技術とメンテナンス技術に加え、脱毛によってトラブルを起こす頭皮、毛髪に付きましてまで専門美容院としてサポート致します。ここLaiLaへだけご来店頂けたら後はお任せ下さい!